• 拓美

夏越の祓と茅の輪

 6月1日より、夏越の祓(なごしのはらい)に向け、形代(かたしろ)をお分かちしております。夏越の祓とは、年に2回あります「大祓」という行事の内、6月末に行われるものです。多くの神社では、茅の輪と呼ばれるチガヤで作られた大きな輪が設置され、天祖神社でも6月1日より参道に設置致します。この茅の輪は皆様も見かけたことがあるのではないでしょうか?ちなみに、もう一方は年越の祓として、12月の末に行われております。

 今年も天祖神社では、6月30日午後4時より、夏越の祓の神事を行います。


 大祓は、形代という紙でできた人形に半年分の悪いものを付け、それをお焚き上げすることでお祓いをするという行事です。この形代は、社務所・社頭で6月1日よりお分けしておりますが、実は使い方に流れがあります。




①形代にお名前と年齢(満年齢でも数え年でも可)をお書き下さい。

②形代に息を吹きかけ、そのまま全身を撫で、形代に半年分の悪いものを移します。

③外袋の記入欄にご住所とお名前をお書きいただき、お気持ちでお初穂料を入れて、6月30日までに神社の社務所へお持ちください。

④形代をお持ち頂いた方に、手のひらサイズの茅の輪守りと祓のお札、撤下品などをお分けします。形代は神事にてお祓いを致します。

※茅の輪守りと祓のお札は、玄関などの出入り口にお飾りいただくことで、家に悪いものが入ることを防ぐとされています。


 お分けしております茅の輪守りですが、これにも『風土記』にまで遡る由来があり、簡単にご説明しますと、昔、清貧な兄と金持ちだがケチな弟がおり、ある日、武塔神という神が一晩の宿を頼んだところ、弟は追い返し、兄は心良く受け入れました。実はこの神がスサノオノミコトであり、のちに疫病が流行った際は、スサノオノミコトが授けた茅の輪のお守りによって、兄とその子孫は無事であったという話があります。

 このように、茅の輪には疫病除けの意味合いがあります。茅の輪守りは夏越の祓のみお分けしておりましたが、昨今の状況を鑑み、昨年は12月末の年越の祓でもお分け致しておりました。


 また、大きな茅の輪も同様に、8の字に左からくぐることで悪いものを落とし、健やかに暮らすことができるとされていますので、お立ち寄りの際は、他の参拝の方との距離に注意していただきながらの茅の輪くぐりをお願い致します。


 形代、茅の輪ともに年に二回しか行われない貴重な行事の一環となっております。この機会に是非、皆様ご参加下さい。形代は社務所・社頭にてお分けしております。夏越の祓や形代についてご不明な点がございましたら、週一の社務休務日以外の午前9時~午後4時に社務所までお越し下さい。

 最後に今年からの試みとして、お家にいらっしゃる、もふもふなご家族──つるつるでもぬるぬるでも問題ありません──の方がお使いいただける形代をお分けしております。こちらも社務所にてお分けしておりますので、是非お役立て下さい。

 社報やTwitterなどのSNSでも、神事の詳細や形代について発信しておりますので、こちらもご参照下さい。


それではまた、次の記事でお会いしましょう(^^)/

85回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

水無月

お鈴