水無月

6月になり、1日中半袖で過ごす日も増えてきましたね。天祖神社の御朱印には月毎に異なった境内の植物があしらわれております。今月はクチナシです。クチナシは古来から漢方や染料として用いられてきました。クチナシ色素といえばクチナシの果実の色から黄色を思い浮かべることが多いかもしれませんが、青や赤のクチナシ色素もありますよね。これらはクチナシの果汁に酵素を作用させることで青や赤の色素を得ているそうです。天祖神社のクチナシは境内の外、板橋天祖神社交差点のあたりからご覧いただけます。まだ蕾が多く、一輪しか開花しているものを見つけることができませんでしたが、そう遠くないうちに芳香を楽しむことができそうです。


稲もだんだんと育ってまいりました。今年の梅雨は長いと言われていたため、日照不足を心配していましたが、関東の梅雨入りはいつになるのでしょうか…



42回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

お鈴