御朱印の裏側

天祖神社では滞りなく例祭が斎行され、七五三のお祓いシーズンが到来しようとしています。


今回のつれづれでは月毎に変わる当社の御朱印の裏側を紹介いたします。


当社の御朱印は月毎に境内の植物をモチーフとしたスタンプが押されていますが、こちらのスタンプは現役美大生である当社の巫女がデザインしております。



少し時期が早いですが、来月の御朱印にあしらわれる植物は「銀杏」


形は全て円弧から作られており、葉を松明の炎に見立て、燃えるように広がる天祖神社の銀杏をイメージしたとのこと。


木から受けた印象を一枚の銀杏の葉で表現できるだなんて…驚きです。(カミツレもその表現力欲しいです)



天祖神社の銀杏はまだ青々と葉が茂っていますが、松明の炎のように紅葉し、黄蘗色の絨毯ができるのが楽しみですね。

87回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

結婚式