天祖神社歌占

天祖神社のお祭りと江戸時代『天岩戸開』絵馬(天祖神社蔵)に描かれた神々よる和歌の占いです。天祖神社が創建された室町時代には、謡曲「 歌占」にうかがわれるような、 弓を使った歌占が行われていました。「天祖神社歌占」は室町時代から江戸にかけての歌占の伝統をふまえて、呪文の歌を唱えた後、弓の弦に結びつけられ短冊か一枚選ぶ方法で占います。

「天祖神社歌占」には、おみくじに多く見られる「吉」「 凶」などの結果や「学問」「健康」「商売」などの項目はありません。和歌のみで占うのは、日本古来の歌占の伝統を引き継いだものです。 

歌占によって天祖神社の神さまと良きご縁を結び、いただいた歌占の和歌や説明文をよく読んで神さまからのメッセージをお受けとりください。

(1)神さまのご加護を祈って、次の呪歌を一回唱えます。

 『ちはやぶる神の子ども集まりて作りし占ぞ正しかりける』

 この歌は「神の子どもが集まって作った占いは正しいのだなぁ」という意味で、自分にふさわしい歌占を引くことができるよう祈るためのものです。心をこめて唱えましょう。

​(2)気持ちを集中して、弓に結び付けられた和歌の短冊を一枚選びます。

(3)短冊に示された神さまの名前を確認し、神さまの名前を伝えて、自分の歌占をいただきます。

(4)いただいた歌占はお守りとしてお持ち帰りください。

ときわ台 天祖神社

174-0072

板橋区南常盤台2−4−3

03−3956−6168

​(受付時間:午前9時〜午後5時)

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Facebook - Black Circle
  • Facebook - Black Circle

©  ときわ台 天祖神社