神さまとご縁結び

動画解説

天祖神社歌占の引き方と特徴、神さまについて動画でご紹介します。

Web​サイトをご覧いただき、ありがとうございます。よろしければアンケートにお答えいただけたら幸いです。今後の参考にさせていただきます。

13277626866437.jpg
天祖神社歌占とは

ときわ台 天祖神社オリジナルの和歌みくじです。弓の短冊を引いて神さまとご縁を結び、お告げをいただきます。

 

天祖神社が創建された室町時代、謡曲「歌占(うたうら)」に見られるような、弓を使った歌占が行われていました。天祖神社歌占では、室町時代から江戸時代にかけておこなわれていた歌占の方法をふまえ、呪文の歌を唱えた後、弓の弦に結びつけられた短冊から一枚を選んで占います。

 

一般的なおみくじにある吉凶などの運勢や「学問」「健康」などの項目はありません。和歌のみで占うのは、和歌で神さまのお告げを受け取っていた伝統を継承するものです。

isesangu_edited.jpg
天祖神社「歌占」が生まれたきっかけ

この歌占は、天祖神社の小林美香宮司と成蹊大学の平野多恵教授がおみくじの共同研究のメンバーとして出会ったことから生まれました。その経緯はこちらをご覧ください。天祖神社歌占は、2015年の誕生以来、神社と大学の稀に見る連携プロジェクトとして新しい展開を続けています。

*写真は『伊勢参宮名所図会 巻五』

桜
天祖神社蔵「天岩戸開」絵馬の神話

太陽の神である天照大御神が、弟の素戔嗚尊(すさのおのみこと)の粗暴なふるまいをおそれて天の岩屋に閉じこもったため、世界が暗闇になってしまいました。天上の神々が集まって相談し、思兼神は次の方法を考えました。長鳴鳥を集めて鳴かせ、太玉命は榊に勾玉や鏡を捧げ持ち、天児屋命は祝詞を唱えます。天宇受売命が妖艶に踊るのを見て神々が盛りあがります。それを不思議に思った天照は岩戸をわずかに開けました。その瞬間に天児屋命と太玉命が鏡を差し出して天照を映して見せます。天手力雄神は、鏡を見ようと身を乗り出した天照の手を取って外に引き出し、世の中に光が戻ったと伝えられています。

 

天祖神社の絵馬は、太玉命や天児屋命の描かれ方から、古代氏族の斎部広成(いんべのひろなり)がまとめた『古語拾遺』の神話に基づくと推測されます

ときわ台 天祖神社

174-0072

板橋区南常盤台2−4−3

03−3956−6168

​(受付時間:午前9時〜午後5時)

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Facebook - Black Circle
  • Facebook - Black Circle

©  ときわ台 天祖神社