杜のまちや のこと

杜のまちや5周年とまちづくり

 ときわ台駅南口は、昭和25年9月に駅舎が完成し70年がたちました。駅前にひろがる「常盤台南口商店街」に位置する「杜のまちや」は、平成28年4月2日に開設してから今年で5年目を迎えます。

「防犯・防災」「食」「学ぶ」「集う」「アーカイブズ」「まちなみ」という6つのテーマをもとに、地域の皆さんと話し合いを進めながら設立された「杜のまちや」は地域に開かれたまちの家です。歳末パトロール拠点、祭礼時の町会詰所(神酒所)、展示、カフェ、教室、講演会、ワークショップなど地域のコミュニティ、文化活動、防犯防災活動の場として、多くの方々にご利用いただいています。

 また、まちやは板橋区が初めて協定を結んだ民間の防災施設(災害時帰宅困難者一時滞在施設)でもあります。これまで地域や利用者の方々にご協力いただき、ビューティフル・ウィンドウズ運動や放置自転車・ゴミゼロ運動などSDGsを意識した取り組みを通して、この南口駅前のまちなみを考えてきました。

 この節目の年にあたり「杜のまちや」の活動をさらに発展させ、このたび「ときわ台駅南口周辺まちづくり推進協議会(仮称)」を発足し、地域住民主導でのまちづくりを推進していくこととなりました。

machiyagaikan.jpg
集う、学ぶ、楽しい。
machiyasyamisen.jpg
machiyaentrance.jpg

まちやには、さまざまな人がやってきます。いろいろなことを学んだり、身体を動かしたり、楽器を弾いたり、問題点を話し合ったり、食べたり。素敵な絵や写真、オブジェ、お花でいっぱいの日もあります。​

​1階のキッチンスペースと、2階の多目的スペースがあります。

みんなで守ろうー防災・防犯ー
machiyabousai.jpg
machiyasaimatsu.jpg

まちやは、歳末パトロールの詰所となるなど、地域の防犯防災活動の拠点という役目も担っています。

板橋区が初めて協定を結んだ民間の防災施設(災害時帰宅困難者一時滞在施設)です。普段は使われていない地下の部分に非常時のための備えが詰まっています。

杜のまちや 板橋区南常盤台2−4−1

​構造:木造 規模:地下1階、地上3階 延床面積:200㎡

​建築設計:アトリエ・ワン 構造設計:金箱構造設計事務所 施工:株式会社内田工務店